このページの本文へ

ニュース

2011年3月11日

もっとよい介護を提供したい!高田で第1回介護学習会開催

P1010177.JPG

 3月5日、18時より大和高田市の土庫病院の研修室で、奈良県医労連第1回介護学習会が行われ、奈良県歯科衛生士会の堀内眞規先生、網代ひかり先生(補助)を講師に、「口腔ケアの実際」~毎日のケアのために~を学びました。

 P1010192.JPG この企画は、慈光園労働組合と健生会労組の介護労働者から、高田でも学習し交流できる企画をしようという意見が出て、健生会労組、慈光園労組の共催で行ったものです。    はじめに口腔ケアについて講義をうけたあと、2人ペアで口腔ケアを行ったり、ゼリー食の介助を行う等、自分たちのケアを講師の先生方にチェックしてもらいました。また、日頃から困っていることなど、質問もいくつか出され、丁寧に答えてもらいました。    奈良県医労連では、高田で継続して介護学習会を開催し、市内の事業所にも参加を呼びかけていく予定です。

【参加者の感想から】 「口腔ケアの講習を受けたのは初めてなので、本当に役にたちました。実際に園に持ち帰って実行してみたいと思います。とりあえず、健口体操から始めたいと思います。」 「いろいろと試していきたいと思います。でも、一人の方に対して時間をかけることがなかなかできないのが現実です。」

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.narairouren.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/52

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)