このページの本文へ

ニュース

2011年3月11日

健生会労組、岡谷医療労組で2月17日退勤調査実施!実態を明らかに

P1010118.JPG

 2月17日、健生会労組、岡谷医療労組が「退勤調査」に取組み、医療・介護現場で、勤務時間前の出勤、長時間残業等の実態が明らかになりました。

 おかたに病院では、深夜明けの職員から調査を開始し、準夜明けの看護師までの退勤調査を行いました。健生会労組も3カ所に分かれ、183名の職員に調査表に記入してもらいました。両組合とも、飲み物やお菓子も準備し、記入してもらいながら、職員から職場の状況などについて、話を聞かせてもらいました。

 仕事の準備のために1時間前から出勤している職員や、残業が2時間をこえる職員など、今の医療、介護現場の困難を反映し、長時間勤務となっている状況が明らかになりました。 両組合ともこの調査をまとめ、職場改善の交渉に活用していく予定です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.narairouren.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/49

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)