このページの本文へ

ニュース

2010年4月 8日

看護職員の労働・健康実態調査最終報告

 奈良県医労連も参加する「医師・看護師の増員を求める奈良県実行委員会」では、県内で働く看護職員のみなさんを対象に、「看護職員の労働・健康実態調査」を行っています。調査は今回で3回目となり、奈良県看護協会や各病院のご協力を得て、今回1,610名の看護職員の方から調査用紙を回収することができました。

 この調査のまとめは、いっしょに寄せられた1,030名の声とともに、2010年1月19日に奈良県に提出しています。同時に、この間行った病院訪問、看護学校訪問での意見もふまえ、県知事宛てに、奈良県で働く看護職員を増やすための「要請書」を提出し、懇談を行っています。実行委員会では、今年度も実態調査、病院訪問・看護学校訪問を行う等、取組みを継続します。3月15日には奈良県看護協会とも懇談を行い、実態調査への協力をお願いしています。また、各病院へ、報告書を送る予定です。

2009年看護職員の労働・健康実態調査報告書.doc

奈良県知事への要請書.doc

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.narairouren.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/39

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)