このページの本文へ

ニュース

2009年2月16日

保育制度問題で駅前宣伝

CIMG1853.JPG  2月14日13時からの、近鉄西大寺駅前の宣伝は、リスやうさぎの着ぐるみに、ハート型のふうせん、現行保育制度を守れの看板をかかげた宣伝カーと、にぎやかに楽しく行われました。  道行く子どもづれのお母さんや、お孫さんのことを心配する高齢者の方などが署名に応じ、1時間で261筆もの署名が集まりました。  この宣伝には奈保連、福祉保育労奈良支部、あかね保育園、同労組、よくする会、医労連から22名が参加しました。

CIMG1847.JPG   国と自治体が責任を負う公的保育制度が「直接契約性」を柱に、こわされようとしています。私たちが知らない間に保育制度を大きく変える動きが進んでおり、新保育制度案のまとめが、2月中には厚生労働省の報告としてだされる可能性もあります。   3月5日の署名提出まで、引き続き取り組みをすすめる予定です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.narairouren.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/32

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)