このページの本文へ

ニュースでタグ「看護」が付けられているもの

2008年11月14日

村上過労死裁判で国は上告断念

 国立循環器病センターの看護師、村上優子さん(当時25歳)の過労死を公務災害と認めた大坂高裁判決(一審でも勝訴)に対して、最高裁への上告の期限が13日となっていました。

 全国で、そして奈良県でも、「上告しないで!」という一言メッセージをつけた要請書を厚生省に送ってきました。13日は、医師・看護師・介護職員不足問題や、地域医療を守る課題、後期高齢者医療問題などで医労連と厚生労働省との交渉が行われ、その中でも「上告するな」と要請を行ってきました。 上告期限まであと1時間・・・・「上告するな!」  交渉も終わり、16時となりました。あと1時間・・・・。前回(高裁への上告)の上告が最終日の16時だったことから、参加者は祈るような気持ちで期限までのカウントダウンを迎えました。そこへ「上告断念」の連絡が!

 この判決を力に、二度と過労死がおきない、いきいきと働き続けられる医療現場をつくるためにがんばりましょう!

続きを読む "村上過労死裁判で国は上告断念"